まーねこブログ
まーねこの日々徒然なる雑記な日記にようこそ!こちらは手動更新ミラーサイト(笑)なので、最新情報はみんカラへ!「まーねこ みんカラ」で検索!
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
欧州基準。
まーねこです。

写真は去年の暮れにポーランドで撮ったもので本文とは関係ありません(笑)
11091701.jpg

欧州基準・・・それは語彙の乏しい外車かぶれの自動車評論家が、ヨーロッパ車を評価するときによく使う言葉(笑)

まぁ、ユーロNCAPや1km当たりCO2排出量での燃費表記など、本当の基準もありますが・・・

何が言いたいかというと、やっぱり欧州車と日本車は違うなぁ、ということです。
その違いを「味」と言うひとも多いですが・・・・・・・。



相変わらず長い前置きですが、ここのところ、306カブリオレの燃費が5~6km/L程度なのですね。


もちろん、こんな暑い時期ですからエアコンは冷房全開、しかも、ゴー&ストップが頻繁に繰り返される街乗り、短距離を行ったりきたり、アシ車なのでコールドスタートから暖気もほとんどせずスタートと、最悪の燃費になる条件をことごとくクリアしているので、さもありなん、という気はしていたのですが・・。
(ハイオクなのでお財布にもキビしいです(笑))


ところが先週の帰省のとき、高速道路90~100km/h巡航というエコランをしておりましたら、渋滞のない東北道区間のみではありますが、なんと14km/L弱くらいの燃費になってしまいました(驚)



でも、よくよく考えてみるとこれが欧州基準なんだな、と・・・・。

ヨーロッパの国々を走る感覚で最適化されている、ということですね。


ヨーロッパって、日本に比べれば、ずっと平坦でまっすぐな道でイナカなんですよ(笑)
イメージとしては北海道が近いです。

渋滞しているのは、本当に市街地の中心部のみ。人口が集中している場所を過ぎれば、あとは田園風景のなかを走る田舎道になります。

北海道でいうと、札幌市の中心部は渋滞していても、北広島あたりまで来るとまったくの田舎道になるのと同じです(失礼!)。


しかも、ヨーロッパでは都市と都市をつなぐ幹線道は70km/h制限、都市部は商店街などでもなければおおむね50km/h制限です(日本でいえば、それぞれ60km/h、40km/hの感覚です)。しかも、「信号」というものがほとんどありません。


その上、日本みたいに猛暑にはなりません。今、ポーランドのヴロツワフというところでEU財務相会議が行われていますが、ニュースの映像見ました?驚いたのは、スーツの上に薄手ではありますがコートを着ている人がいたんですよ?!


そりゃぁ、そんだけ寒けりゃエアコン使わないだろうし、渋滞の無い道を70km/hくらいで淡々と走ってりゃ燃費も良くなりますわ・・・・クルマの消耗もゆっくりなんでしょうね。



真夏の茅ヶ崎の街乗りで5km/L、高速道路でのエコランで14km/Lという燃費の306カブ(1999y)ですが、じゃぁ、これが日本車ならどうだい、というハナシになりますと、ボディ形状こそ大幅に違うものの、以前に乗っていたRF1ステップワゴン(1997y)がツインカム2L+4AT+FFとよく似ています。

ステップワゴンのときは、夏場の街乗りは一番悪いときで6.8km/Lでしたが、どんなにがんばってエコランをしても12.5km/Lを超えることはできませんでした。


どちらが優秀、というハナシではなくて、やっぱり日本車は日本で、欧州者は欧州で、という基準で作られているんだなぁ、と。



話は変わりますが、306のヘッドライト球とテール球が切れたので交換です。
11091702.jpg
ヘッドライトのH7ランプはフィリップス(ドイツ)、テール球はOSRAM(イタリア)のものが入ってました。

遠慮なく国内メーカーのものに交換(笑)

っても、スタンレーはタイでの生産、ミラリードは中国での生産ですが・・・・。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。