まーねこブログ
まーねこの日々徒然なる雑記な日記にようこそ!こちらは手動更新ミラーサイト(笑)なので、最新情報はみんカラへ!「まーねこ みんカラ」で検索!
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
よめ実家紀行2011GW がんばっぺ福島!(1)
まーねこです。

みなさん、ゴールデンウィークはいかがお過ごしですか?
今年はいろんな意味で「例年とは違う」大型連休となりましたね。

まーねこは毎度のことながら、福島県二本松市のよめ実家によめやアルぼんともども帰省しています。

ヨメイヨシノはさすがに散ってしまいましたが、しだれ桜がまだ残っていますよ。
11050303.jpg
ちなみに、ここよりちょっと標高のある岳温泉などにある桜は、ゴールデンウィークのいまが見ごろです。

レンゲにタンポポ。
11050304.jpg
湘南あたりだともう散っちゃったくらいかな?



よめ実家紀行では、ほぼ定番になりつつある、郡山市日和田にある日和田製麺所さん。
11050305.jpg
この日は家族みんなでヤマダ電機にお買い物に行ったので、お昼をここでいただきました♪

いつも出てくるのはこの店じゃないか、というツッコミを受けそうですが(笑)、別にイナカで店がここ1軒しか無いとかそんな話ではありません(失礼な)。

ここはお店の名前に「製麺所」と名があるとおり、自家製の麺を使っているのです。
これがまた、すんごく美味しいんですよ!

まーねこは、麺を堪能したいのでつけ麺(大盛)を。
11050306.jpg

ヨメは「冷し中華はじめました」に釣られて冷し中華(大盛)。
11050307.jpg

どちらも、心まで温まるようなやさしい味です。昨今のラーメン屋に多い「派手さ」はまったくありませんが、その味からは、作り手の真心がじんわりと伝わってきます。

麺の大盛りが無料、しかもご飯とお新香が無料で付いてくる(しかもセルフサービス)なのも嬉しいですね。

超オススメです!!


場所などの詳しい情報は、日和田製麺所さんのホームページからどうぞ♪
http://hiwada.foodex.ne.jp/

え?買い物行って、ラーメン食べて・・・じゃ、去年の日記と変わらないじゃん、って?
http://marneko.blog75.fc2.com/blog-entry-1082.html





そう、何も変わってないのですよ。


津波が襲来した地域や原発周辺の地域には、甚大な被害が生じただけでなく、多くの方が犠牲になられました。
たいへんに悲しくて今も心が痛みますが、それが現実です。

しかしながら、原発や津波の被害を受けなかった内陸部、福島県の「中通り」(白河、須賀川、郡山、二本松、福島の各市とその周辺)と会津地方は、現時点で95%以上は震災前の状況に戻っていると言っても過言ではありません。

大型ショッピングセンターなどでは、一部壁や天井の崩落はあるもののほとんどの店舗で通常営業を開始しており、街のスーパーには、生鮮食料品もカップラーメンもミネラルウォーターも潤沢に並んでいます。

もちろん、電機ガス水道のライフラインはまったく問題ない状態で、交通インフラにおいても公共交通機関は通常運行、道路の補修もほとんどの場所で完了しています。

観光地もいうに及ばず、自粛ムードはまったくなく、GWにお客さんをお迎えしようと営業しております。

気になる放射線量も、私の居る二本松市(二本松住民センター付近)は1.38uSv/hです。
これは、1日8時間屋外、16時間屋内に居るとしても(屋内は1/3に減衰していると考える)、1年間で浴びる放射線量の積算は6.7mSv(CT検査1回で浴びる量の約1/3)と、まったく健康に影響を及ぼす数値ではありません。


それなのに「風評被害」が後を断ちません。

観光地や、飲食店で聞いてみても、「県内のお客さんは来るが、県外からは全く来なくなった」という声や、「首都圏で暮らす娘が結婚式をするのに、地元の福島県で挙式するというと友達が来てくれない」という声を聞きました。

また、昨年収穫した米ですら、「福島産」と付くだけで売れない(ひどい!)という話も聞きました。



なぜ、こういった風評被害が出るのでしょう。

結局のところ、どこからが危険でどこまでが安全なのか、その周知が正しくされていないことが原因です。
また、きちんと周知されていないところに付け込み、危険では無いレベルのものを危険なものとしてまくし立てる、「環境NGO」などと称する悪しき反原発運動家も、この風評被害の拡大に大きく寄与しています。

正しい知識をもってすれば、少なくとも中通りや会津地方に観光で訪れることは、まったく問題が無いことであるのはご理解いただけるはずです。



福島県はいま、地震・津波・原発・風評被害の四重苦に苦しめられています。

地震や津波はもう起きてしまったものですし、原発も私たち個人の力で終息できるようなモノではありません。

しかしながら、「風評被害」だけは、私たちの力で無くすことが出来るのではないでしょうか。しかも簡単に!!

正しい知識を身につけ、デマに惑わされない。生鮮食料品などで産地がいろいろ選べるときには福島産のものを選ぶ、福島県の観光スポットに遊びに行く・・・それだけですよ。

ぜひ、皆さんも応援してください!

がんばっぺ福島!
コメント
この記事へのコメント
そそ
いわきの友人も困っていますよ・・・
2011/05/04(水) 19:28:43 | URL | 金獅子 #-[ 編集]
亀レスごめんなさい・・・・

復旧復興を後押ししなきゃいけないのに、風評被害なんていうのは悲しいです。

風評被害は私たち、被災地外の人間の責任です。ならば、それを取り除くのも私たちの責務。まずは大人が正しい知識を持つことがなによりも肝要ですね。

2011/05/07(土) 18:05:10 | URL | まーねこ@リースパ #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。