まーねこブログ
まーねこの日々徒然なる雑記な日記にようこそ!こちらは手動更新ミラーサイト(笑)なので、最新情報はみんカラへ!「まーねこ みんカラ」で検索!
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まーねこポーランド紀行(5)
まーねこです。

DAY6:1月4日 (※日本に帰国したのは日付変更線の都合で5日です)

ここのところ(1月下旬)仕事が本当に忙しくて、ポーランド紀行の続きがまったく書けていませんでした。スミマセン。
まだそのネタで引っ張るの?と言われそうですが、やっぱり全部書ききらないと終われない気がしまして・・・。


さて、結婚式の翌々日(もう既に4週間前のできごとになってしまいましたが・・・)名残惜しいのですが、帰国の途に着かなければなりません。
11012301.jpg
この日もポーランドは穏やかな天候でした。

ここ、ラスコバ村からクラクフ・バリツェ国際空港までは72kmほどあるのですが、またもや弟君が空港まで送ってくれました。大感謝です。
クルマでないと移動できないので・・・・ね。

クラクフは人口75万人で、ポーランド有数の観光地であるほか、国際空港や総合大学、カルフールのようなショッピングモールもある大都市です。日本人にもなじみのあるところでは、ヨハネ・パウロ2世やロバート・クビサの出身地でもあります。

街中には、路面電車のトラムが縦横無尽に走り・・・・
11012302.jpg
あれ、切れちゃった・・・・。
11012303.jpg


この日は最終日なので、クラクフ本駅(クラクフの一番中心にある駅)の目の前にある、ガレリアというショッピングモールでお買い物です。
11012304.jpg
規模は横浜のワールドポーターズくらいの大きさでした。


お買い物に忙しくて写真を撮っているヒマが無かったのですが、チョコレートいっぱい、お酒いっぱい、雑誌を少々、琥珀のネックレス(ポーランドは琥珀の名産地なのです)を買ったりしてました。

外国人が多いからか、ここでは確実に英語が通じましたね。

披露宴の時に呑んだ「ショパン」というウォッカが美味しかったので探していたのですが、見当たらなかったのでお店の人に英語で聞いてみたところ、ちゃんと通じました・・・・というか、我々日本人が「Can you speak English?」などと聞くのは失礼なんじゃないかと思うくらい、ちゃんとした英語を話してましたよ。琥珀のネックレスを買った宝石店でも同じでしたね。

あ、ちなみに、音楽家のフレデリック・ショパンもポーランドが輩出した偉人です。


案内してくれた兄のお嫁さんが呆れてしまうほど、沢山の買い物をしてガレリアを後にします。
ちなみに、大学院生の弟君はユーモアとウィットに溢れた好青年で、我々の大量の買い物を目にして呆れながらも「いっぱい買い物をしてくれたおかげでポーランドの経済危機は救われた」とジョークをかましてくるような楽しいヤツです(笑)ぜひ日本に招待したいな!


ガレリアから弟君のアパート(クラクフの市街地にあります)に寄り、そこからクラクフ本駅まではトラムで2駅ほどあります。はからずもトラムに乗っちゃいました♪ そして、クラクフ本駅から空港までは「バリツェ・エクスプレス」に乗ります。(写真が無くてスミマセン)地球の歩き方には7.5ズロチとか書いてあったけど、10ズロチに値上がりしてましたね(笑)

バリツェ・エクスプレスは、京成スカイライナーみたいな車輌でカッコイイのですが、実は京成ローカル線並みの速度で、全然早くない(笑)
しかも、空港まで直行するのかと思えば、結局はシャトルバスに乗り換えないと空港まではたどり着けなくて・・・・・重いスーツケースを引きずっての移動はちょっと大変でした。




・・・・・そう!!


5日前に、リマノヴァの街で買い込んだ本がたっぷり入った、この重たい重たいスーツケース!!
これが大問題となってしまったのです。

チェックインの際には、当然荷物の重さを測るのですが、まーねこのスーツケースの重さはなんと31kg!(バカ)
ルフトハンザは厳しくて(成田がユルいだけか??)エクストラチャージが400ドルかかるということで(あれ?400ユーロだったかな) まあ私は止むなしかなと思いつつも、兄のお嫁さんが、そんなのバカバカしいから払うことない、あとで(私の)兄や母に持っていってもらえばいいじゃん・・・と、重い本を持って帰っていってくれたのですね。

なので、無事にチェックインは済ませられましたが、書籍はお土産として持って帰れませんでした(笑)
ちゃんちゃん!


そんなトラブルがあったもので(自業自得だ)、クラクフ空港からの出発はドタバタしてしまいました。
ああ、最後の最後で・・・・。でも、兄のお嫁さんには大感謝です。彼女のアシストが無ければ、我々は無事に出国できていなかったでしょう(爆笑)


帰国はミュンヘンを経由して成田に向かいます。
楽しかったポーランド旅行もこれでおしまい。出会いあり笑いあり感動あり、発見も学びも、ありがたくないプチトラブルまで満載で、素晴らしい旅行でした。
11012305.jpg
本当に楽しかった!お母さんの料理がすんごく美味しかった!


帰国便のANA便では、久しぶりの和食をいただきました・・・が、
11012306.jpg
コレを食べたら、あちらのお母さんのポーランド料理が恋しくなりましたとさ。


まーねこポーランド紀行はこれでいったんはおしまいです。
お付き合いくださいました皆様、本当にありがとうございました!

でも、まだまだ書いてない小ネタがいっぱいあるので、おいおい披露していきますね。
気長にこうご期待?(笑)



Needless to say. Seeing is believing. Everything was great experience.
We have very happiness my relative family in Poland it is sure to continue to the future.
Love, forever.

Masashi
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。