まーねこブログ
まーねこの日々徒然なる雑記な日記にようこそ!こちらは手動更新ミラーサイト(笑)なので、最新情報はみんカラへ!「まーねこ みんカラ」で検索!
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
30年後の世界。
まーねこです。

みんカラで「『30年後のクルマ社会を予想しよう』を投稿してください。 」というトラックバック投稿企画が開催されていたのですね。
で、まーねこも投稿したのですが、せっかく1時間もかけて書いたので、みんカラだけでなく、自分のブログにも転記することにしました(安直だ)。

以下、みんカラの、まーねこのブログからの引用です。

--------------------------------

2040年6月、その戦いは終焉を迎えようとしていた-。

この記事は、『30年後のクルマ社会を予想しよう』を投稿してください。 について書いています。

2010年代中盤から加速度的に進んだアジア新興国の発展と地球温暖化は、予想しうる範囲での最悪の結果を迎えた。

1980年との比較で海水面は、世界的に平均1m上昇し、ツバルをはじめとするポリネシアの小国や北極はことごとく海の中へ沈み、オランダ、日本、アメリカなど沿岸域に0m地帯をもつ国の都市もその脅威にさらされ続ける結果となった。
中国においてもその脅威は国家的な危機であったが、圧倒的な国民人口や広大な国土がそれを助け、経済成長を遂げつつ危機を乗り切ったことで、2020年代なかばには、国際社会においてキャスティングボートを握る最大の勢力にまで成長したのであった。

当然ながら、その脅威に立ち向かうべく、全世界的に脱化石燃料化を進める指針は早々に固まり、技術的な裏づけとなる研究開発と実用化も進んだのであったが、新興国はそれらを批准することに難色を示した。なぜなら、そこには、先進国と後進国(新興国)というヒエラルキーが残っていたからだ。

その対立は、日米欧をはじめとする西側諸国と、中国とは利益を異にする旧東側諸国による脱化石燃料推進国と、アフリカ、中東を味方につけた中国による反推進国という敵対の構図になり、2028年5月、とうとうその引き金は引かれてしまうのである。

地球温暖化による海水面の上昇の危機にさらされるなか、世界の各地で、多くの国がその総力を掛けた戦闘を行っていた。そこには言葉には言い表せない数多くの惨劇があったが、それはまた別の機会に語ることとしよう。全世界が疲弊しきり、多くの都市が海中に沈むまで落としどころが見えなかったのは人類の愚かさゆえであるが、ようやく、2040年1月に無期限停戦協定が結ばれ、続いて3月には「すべての化石燃料の燃焼を禁止する包括的条約(UNPSAT)」が国連にて全会一致で採択され、4月に安保理決議として、この12年にわたる戦闘の終結が宣言され、世界講和条約が発効したのである-。

それでもなお、旧産油国勢力と思われるテロ組織による破壊活動が、以降もあらゆる地域で散発したのは、やはり業というべきか。

誰もが思い描いていた美しい未来の世界はそこにはなかった。


従来、ガスや石油燃焼によって得られていたカロリーはすべて、電気エネルギーに代替され、車輌、船舶などの移動体の燃料は水素燃料となった。例外的に航空機のみが化石燃料を使用できることにはなっているが、技術開発の進行と、皮肉ではあるが、全世界的な戦闘による疲弊により、航空機燃料の需要は下がっており、結果的に大幅な二酸化炭素排出削減となっていたのである。

すべての車輌はゼロエミッション車輌(ZEV)であることの裏づけを得るため、車輌アクティビティ認証管理システム(VAACS)のコントロール配下におかれることとなった。(これは、車輌がテロ行為に使われることの防止策でもある)
つまり、イグニッションと連動したVAACS端末装置を装着していない車輌は非適合車輌(IV)として即座に判断され、警告無しの攻撃を含む、強制停止措置が取られることとなったのである。

当然自動車業界からは反発の声が挙がったが、意外にも支持をしたのは一般市民であった。もうこれ以上、テロの脅威にさらされたくない、水没の危機にみまわれたくない、という気持ちが大きかったからだ。


そして、2040年7月、まーねこガレージでは・・・・・。


「おや、まーねこ爺さん、やっとこさナンバー付いたのけ?」

「おお、こんどボッシュから出た汎用VACCSキットとな、KEIHINのハイドロジェン(水素)レトロフィットでようやく車検通せたんぢゃ。噴射マップは全部自分でこさえたんじゃが、そこに3年もかかっちまったぞい。」

「それよりな、こないだ平塚軽陸でライン通したらな、ヘッドライトが切れておってな、H4バルブなんかもう今時手に入らんもんぢゃから、それはそれはあわてたぞい。」

「まーねこ爺さんも、もう、もじみマークの年齢なんだから、あんまりムリしちゃいかんぞなもし。」

「ふぉっふぉっふぉっ、こんなクルマ、レトロフィットまでして車検通すのはアンタくらいのモンだよと、息子より若い検査官に呆れられたぞい。」



はたして、そこにあったのは、真紅のリーザスパイダー・・・・・・だったのでしょうか。
コメント
この記事へのコメント
あの赤いクルマ、ボデイが鉄で出来ているらしいぜ!?
2010/07/03(土) 22:47:07 | URL | アル、若しくは銀色。 #-[ 編集]
日本縣から出品中の真紅のリースパ、チャイオク2000億元スタートらしいぜ!?
2010/07/04(日) 00:16:57 | URL | 101 #-[ 編集]
あ~ら、お隣のオクサマ~。
あそこのカドのおうちのお爺さん、またヘンなことやってるのよ~~
うちのお婆ちゃんが言うには、昔からああいうヒトだったんですって。いやですわ~~~。
2010/07/04(日) 10:57:47 | URL | まーねこ@リースパ #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。