まーねこブログ
まーねこの日々徒然なる雑記な日記にようこそ!こちらは手動更新ミラーサイト(笑)なので、最新情報はみんカラへ!「まーねこ みんカラ」で検索!
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
諸行無常
まーねこです。

いろいろなメディアで報道されましたから、ご存知の方も多いはず。

鎌倉は鶴岡八幡宮のご神木、大銀杏が春の嵐で倒木したのですね。
http://sankei.jp.msn.com/life/trend/100312/trd1003121619007-n1.htm

これは、今年の2月11日に撮った一枚。
10031201.jpg
まさか、この1ヶ月後に倒れるなんて、このとき、あるいは前日だって誰が予想しえたでしょう?


あらゆるものが生まれては滅し、この世のものはすべて、とどまることを知らず変化し続ける・・・
それを無常といいますね。
(あ、これは仏教の考え方で神道とは違うか・・・・)

樹齢1000年、この木は何を見てきたのだろう?
果たして本当に1000年の時空を経て存在したのか、それも定かではありません。
現代科学をもってすれば、正しい年代を測定することも容易ですが、それは野暮というもの。

いままでずっと、そこにあると思い続けていたものであっても、はたして本当にあったものなのか?
この大銀杏は神木として皆の心に残ったわけですが、倒れた大銀杏のそばに転がる石ころだって
皆の心に残らないまでも、大銀杏と同じ時を過ごしたかもしれない。

そういったものの考え方を「空」(くう)といいます。(ちょっと違ったかな)


ま、それはさておき、今は、再生に取り組む神職や庭師さんたちを静かに見守りましょう。
コメント
この記事へのコメント
大銀杏の再生
ほんとにでっかい木でしたから、アレがないと寂しいでしょうねぇ。
木の一部分を植えて、育てる様なことをニュースで言ってました。
木は倒れてもまだ生きてますからね。
うまく行く事を祈ってます。
そしてまたこれから千年、かまくらを見守って欲しいですね。
2010/03/13(土) 06:09:45 | URL | 温泉二号 #GCA3nAmE[ 編集]
そんなものか
鶴岡八幡宮って鎌倉幕府の公式行事に名前が出てくるので、1000年だと計算が合わないな~
と漠然と思っていましたが
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%B6%B4%E5%B2%A1%E5%85%AB%E5%B9%A1%E5%AE%AE
やっぱり、合わないですね
八幡宮になる前から生えてたのか、樹齢100年ぐらいの木を植えたのか........
謎は深まるばかりです
2010/03/13(土) 07:02:10 | URL | Lurch(ラーチ) #-[ 編集]
そうですねぇ~
>温泉二号さん

でっかい大銀杏でしたねぇ。。。
見るからに老木といったカンジでしたが、まさかこんなにあっさりいくとは・・・。

DNAでクローン・・とまでは行き過ぎですが、一部の根を植え替えて再生、なんていうとうれしいですね。

多くの人の心に残り、いままた多くの人の支えで再生しようとしている大銀杏。

それこそ諸行無我なのであります。南無阿弥陀仏。


>Lurch(ラーチ)さん

そぉですね~~
幹は太いんですが、結局のところ1000年はちょっとウソっぽいですねぇ~(笑)
いいとこ150年くらいかなぁ?

ぶっちゃけ、八百八町(はっぴゃくやちょう)とかと同じで、とにかくデカい数字で威厳を・・・というやつですね。

箱根神社の杉ですらあの大きさで200年ですものね♪
2010/03/16(火) 03:00:56 | URL | まーねこ@リースパ #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。